MENU

テトラサイクリン歯を白くする方法

テトラサイクリン歯は、変色してしまっている歯の事を指します。

 

色がグレーや黄色などに変わっていて一部分や全体の色が変わっている歯などがそれにあたります。

 

 

原因となっているのはテトラサイクリンと呼ばれる抗生物質が歯と反応してしまっているからです。

 

テトラサイクリン歯原因

 

抗生物質は風邪などの細菌の感染を抑える効果を発揮しますが、歯に対しては内側から変色してしまう原因になってしまいます。

 

 

副作用がないとされていたテトラサイクリンを使った抗生物質ですが、色素沈着する副作用があることが発覚し、子供や妊婦さんへの処方は避ける必要があるとされているんです。

 

最近では、使われることが少なくなりましたが規制が入る前ではテトラサイクリンの副作用で歯が変色してしまった方が多くいるのが実状です。

 

 

軽度の黄色系着色なら自宅でホワイトニングが可能

 

テトラサイクリン歯の状態が軽度であれば自宅で十分白くすることが出来ます。

 

軽度の黄色系着色はシマ模様となっていることも多いのですが、歯が黄色系であれば見分けがつかない場合も多いので、ほぼ問題ないでしょう。

 

テトラサイクリン歯ホワイトニング

 

 

白くするには特別な方法ではなく、歯医者で行われる通常のホワイトニング方法(漂白)で徐々に白く目立たなくなっていきます。

 

歯を削る必要もなく、時間は掛かってはしまいますがホワイトニングが選択肢として一番に上がります。

 

 

通常の歯の白さにするには使う薬剤の濃度によりますが、時間をかければ十分な効果を体感する事が出来るはずです。

 

私はテトラサイクリン歯になった事がないので断言はできませんが、黄ばんでる程度あれば、歯医者へ行かなくても市販の薬用ホワイトニング剤で対処できるのではないかと思っています。

 

とは言っても完全に白くするにはある程度の時間が必要なので、継続的にしっかりケアしていく必要はあります。

 

 

重度の茶色、グレー着色なら歯医者で治療が必要

 

歯の変色が重度の場合は、オフィスホワイトニングとホームホワイトニング両方行う必要が出てきます。

 

歯医者で治療を受けた後は、基本的に自宅でのホームホワイトニングを続ける事で徐々に白く出来るはずです。

 

テトラサイクリン歯医者

 

 

色が濃い場合は違和感が残る仕上がりになってしまう事があります。

 

その場合は、ラミネートベニアといった歯の表面を削ってからラミネートで覆う治療方法が必要になってきます。

 

 

重度の場合は半永久的に白くさせるホワイトニング方法なのでぴったりなのですが、歯を削るので健康な状態から沁みてしまったり、納得のいく白い状態までするまで施術を受け続けるのも大変です。

 

濃度が濃くても通常のホワイトニング方法でも白くすることが出来ることも多いので、いきなり歯にかぶせ物をするといった方法ではなく、しっかりと歯の健康を考えてホワイトニング方法を選ぶのが大切です。

 

 

担当の歯医者さんとよく相談をして決めてくださいね。

 

 

>>歯のホワイトニングを自宅で!口コミでもおすすめ TOP